良き苗、佳き山、善きひとづくり
〜 私たちは、人が育つ環境を通じて
関わる全ての人の"ありがとう"をつくります 〜
 コムラ苗樹(こむらなえぎ)は、大正7年(1908年)の創業以来、熊本県球磨郡相良村を
生産拠点に活動をして参りました。

 昭和21年(1946年)、当社2代目の小村正敏が、戦争から引き上げる列車の車窓から見える
人吉球磨の荒れ果てた山林を見て心が痛み、初代から続けていたヒノキ、スギ苗の生産拡大を決意。
試行錯誤の末、高品質の苗木生産技術を確立しました。また、1980年にスギ苗の霜枯れを防ぐ
「根切り」を開始し、地元鉄工所と協力し根切り専用刃を開発。スギ苗の根切りは九州全域に広がりました。
以来、お客様、お取引先様の温かいご支援があり当社の現在があります。2014年の法人化にあたり
当社の社名も、地元のお客様から「コムラ苗木屋」との愛称で親しまれていたことから、コムラ苗樹と
させて頂きました。

 近年、林業界を取り巻く環境は著しく変化しております。
生産者の減少、人手不足、物流・燃料費の高騰という状況に置かれてはおりますが、真摯に苗木づくり
山づくりと向き合い、苗木・山林をつくる人のこころの豊かさづくりを目指して、
当社の「善きひとづくりの種を蒔く」ビジョンを体現できるよう精進して参ります。
コムラ苗樹 株式会社
代表取締役社長 小村 哲典
山林用樹苗
治山用ポット苗
各種広葉樹苗 生産販売